トップページ > お掃除のコツ > 整理・整頓のポイント 前編
知っておくと便利!お掃除のコツ
整理・整頓のポイント 前編
2013年9月13日

 

お客様から頂く質問の中で、最近特に多いのが「整理・整頓」についてです。
「物がどんどん増えて収納しきれない!」
「整理・整頓ができず、いつもあたふた!私ってだめだな、と落ち込んでしまいます。」
こんな数々の悩みのリクエストにお応えして、
今回から2回にわたって「整理・整頓」についてお話ししようと思います。

 

整理整頓ってどうも苦手…という方は世の中にはたくさんいますので、
まずはご安心ください。
むしろ、この記事を書いている私でさえ、お掃除や整理整頓は大嫌い!
お掃除用品メーカーの社員だからと言ってキレイ好きとは限らないのです(笑)。

世の中には様々な整理整頓術がありますが、
今回は弊社アズマ工業が行っている整理・整頓のポイントを紹介していこうと思います。

整理・整頓というのは、実はちょっとしたコツだけ!
決して難しいことではないので是非試してみてください。

 

断捨離(だんしゃり)というのが流行っていますよね。
この作業、言うのは簡単ですが、自分の基準で物を捨てるというのは勇気が必要!
しかもとっても時間もかかります。
ほとんど捨てられずに終わってしまうということもあるのではないでしょうか?
そこで、物を捨てたり、購入したりするときのポイントをご紹介します。
『収納スペース』を意識してみてください。
例えば新しい服を買いたい時。
「クローゼットに入るスペースはあるかな?」と考えてみます。

・入らないから今回は購入をやめよう。
・入らないからもう着なくなったあの服をリサイクルにだそう。

と、このように考えるわけです。
物は増えませんし、あるものを大切に扱うようになります。
収納スペースに入るかどうか、これを一つの基準として考えてみてください。

 

テレビのリモコンを探してウロウロしたことないですか?
定位置を決めるだけで、行動に迷いがなくなり
スマートに生活ができるようになりますよ。

定位置の決め方にもちょっとしたコツがあります。
例えばリモコン、家族はいつもどこに置いているでしょうか?
みんなが思わず置いてしまう場所を定位置とすれば、
「使ったものは定位置にしまう」が定着するのが早くなります。

 

ここで弊社の定位置化の例を紹介します。
ペンや消しゴムの形にスポンジを切り抜き、はめ込んでいます。
一目でどこに何があるのかが分かります。
「必要な分しか持たない」という訓練もこれで実行できます。
家庭では真似しにくいかもしれませんが、参考にしてみてください。

整理・整頓術は次回に続きます!

おすすめのお掃除用具はコチラ