トップページ > 場所別お掃除 > シロッコファンの徹底お掃除!

ケイタイ片手にお掃除しよう!携帯版はこちら。右のQRコードを読み取ってください。
印刷する場合はコチラ!
シロッコファンの徹底お掃除!



大掃除で大変なところと言えば、キッチン回りや換気扇の油汚れ。
今回は、換気扇の中でも最近急増中のシロッコファンのお掃除方法を伝授いたします。






ちなみに欧米では、大掃除のことを「スプリングクリーニング」と呼んで、
文字通り春に行われています!

日本では年末の大掃除が当たり前ですが、春は気温が高いため
油も落としやすいという利点があります。

例えば、調理が終わった後のフライパンを思い浮かべてみて下さい。
そのままにしておくとフライパンに付着した油が固まって、
いつの間にか白くなりますが、火を通すとまた透明な液状に戻ります。
これは熱によって、固まった油が再び溶け出すから。
つまり、温かくなると、油が引き離されやすいのです。

真夏になれば更に落としやすくなりますが、
換気扇の掃除は重労働で汗だくに。
欧米では、汚れの性質やお掃除環境を考慮して、爽やかな季節の春に大掃除を行っています。





1 お掃除道具を準備します。

必要なのはこの3つ!
・シロッコファン専用ブラシ
・油汚れ用洗剤…アルカリ性の洗剤をオススメします。
・バケツ…シロッコファンがすっぽり入るくらいのバケツを用意してください。






換気扇まわりの汚れは、
調理中に飛び散った油にホコリなどが混じって酸化し、固まったものです。
つまり、油汚れは「酸性」です。
汚れを落とすためには「アルカリ性」の洗剤がポイント!
アルカリ性の洗剤が酸性の汚れに出会うと分解しはじめ、
汚れを引き剥がしていきます。
普段キッチンで使用している食器用洗剤(中性洗剤)では
この効果はあまり期待できません。
しっかりと、そして時間短縮を目指すならば、アルカリ性と書かれた洗剤がオススメです。

アズマ工業のおすすめ…アズマジック 油汚れ用洗剤






2 シロッコファンを外します!






シロッコファンを外す作業、実はこれが重労働だったりします。
例えば何年もお掃除していない換気扇の場合…、
ネジが回らなくてシロッコファンが取り外せない!なんてことがあります。
その原因は、ネジの周りについた油汚れ。
油汚れが付着し、硬くなってしまい、ネジが外れなくなったのです。
そんな時には洗剤湿布をしましょう!
キッチンペーパーやティッシュなどに油汚れ用洗剤を浸み込ませ、
ネジを覆うように貼りつけます。
5~10分程放置した後、油の状態を指で確認してみてください。
柔らかくなっていれば、大丈夫です
(柔らかくなっていなければ再度湿布作業を行ってください)。
洗剤が油を緩ませ、ネジが回るようになっていますよ。






3 さっそくお掃除を始めましょう!まずはしっかり浸け込みます。

 1.お風呂の温度よりちょっと熱めのお湯(40度~60度)を
  シロッコファンが全部つかるくらいまでバケツに入れてください。

 2.「1」のバケツに油汚れ用洗剤を入れます。
  トリガータイプの物であれば、まずは5プッシュ入れます(増やしても問題ありません) 。

 3.洗剤が全体に行き渡るように混ぜたら、
  シロッコファンを浸け込みそのまま20分程放置します。






油汚れのお掃除の中では、ここが一番のポイント!!!
いかに汚れの中に洗剤を浸み込ませるか、
つまり、どこまで油汚れを柔らかくできるかが重要です。
汚れが柔らかくなればなるほどお掃除しやすくなり、時間も短縮できます。
カチカチの状態ではブラシが汚れに負けて全く歯が立ちません。




アルミという物質はアルカリ性も酸性も苦手。
長い間触れていると白く腐食し始めます。
金属についたサビを想像してください。
「すぐにボロボロになって使えなくなる」というわけではありませんが、
使用し続けると寿命を早めてしまいます。
アルカリ性洗剤を使用して短時間でさっと済ませるか、
もしくは中性洗剤を使用することをオススメします。

アズマ工業のおすすめ・・・シロッコファン用浸け置き洗剤






4 シロッコファン専用ブラシを使用してこすり落とします

20分後…シロッコファンを引き上げます。
汚れがかなりやわらかくなっているはずです。
さっそくブラシを使って汚れを落としていきましょう!
シロッコファン専用ブラシで羽と羽の間をゴシゴシ…ゴシゴシ…こすり洗いします。
汚れがスルリと落ちたら大成功!!!




硬い毛が360度グルリとついたブラシです。
歯ブラシじゃだめなの?と思ったあなた。
家庭用のシロッコファンのほとんどは、羽と羽の間が狭く
歯ブラシが入り切れません…。
しかも、シロッコファンの羽の1つ1つはカーブしているので、
歯ブラシやスポンジではうまく当たらず、洗い残しが多くなってしまいます。
シロッコファン専用ブラシは
そういったシロッコファンの構造や油汚れを研究したうえで、
一番掃除しやすい形状を追求したブラシ。
これを使うと歯ブラシやスポンジを使用してお掃除した時と比べ、
半分くらいの時間で掃除を終了させることができます。



アズマ工業のおすすめ…シロッコファンブラシ







5 「3 浸け込み」、「4 こすり洗い」を繰り返し行います

少しは落ちたけれど、ベタベタした汚れがまだまだ付着している…。
そんな場合は、再度バケツにシロッコファンを浸け込みます。
バケツの水が冷たくなっていたら温かいものに取り替えることをオススメします。
汚れ落ちがいまいちだと感じたならば、入れる洗剤の量を増やしてみてください。

そして、時間が経ったらブラシでこすり落します。
「3.浸け込み」、「4.こすり洗い」を繰り返し行い、汚れを落としていきましょう。




長年放置した油汚れは、地層のように汚れが積み重なっています。
汚れは古ければ古いほど固くなり、最下層はカチカチの状態です。
新しい汚れには比較的短時間で洗剤が浸み込んでいきますが、
古い汚れにはなかなか浸み込みません。
根気強く繰り返すしかなす術がありません。






繰り返しの作業を思い浮かべ、
思わずため息を漏らしたあなたにとっておきの技を伝授いたします。
それは、汚れをまず削り出し、その後、浸け置きをするというもの。
と言っても、古くなった油汚れは固くなっていますのでなかなか削れません。
そこで用意するのは、シロッコファンの羽に収まるくらいの彫刻刀
またはスクレーパー。これらを使って、油汚れを一つ一つ削ります。
固く古い油汚れを掻き出した後に、洗剤に浸け込みますので、
短時間で洗剤が油に浸透して剥がれやすくなります。
ただし、傷がつく可能性もありますので、細心の注意を払って行ってくださいね。





いかがでしたか?ポイントは「浸け置き」。
汚れをいかに柔らかくするかです!
何年も放置すると頑固な汚れになってしまうので、
1年に1回は換気扇のお掃除をすることをオススメします。
温かい春の季節、ぜひやってみてはいかがでしょうか?





mixi twitter
いいね!
2
関連商品